保田君 

僕のバンジョー(1991年製 GIBSON RB-4 )
お気に入りのバンジョーです。

バンジョーバンジョー バンジョーを始めた頃からGibson(H&F)を持つのが夢でした。91年にブルーリッジ(広田さん)から購入したものです。
 RB-4のインレイはF.Eですが、ギブソン社がオプションでH&F(1フレットと15フレットのインレイ無し)を作ってくれると聞き、広田さんを通じて注文して出来上がって来るのに4〜5ヵ月かかりました。
 ネック、リゾネーターの材質はウォ−ルナットで一見家具風なのですが、ウォ−ルナット独特の立ち上がりの良い音には満足しています。

Old Time Cooking オールドタイムクッキング


 保田君は、オールザットグラスの他にもう一つバンド活動をしています。それが「Old Time Cooking」。オールドタイムのバンドです。
オールザットグラスのアルマジロでのライブの前には、必ずオールドタイムクッキングの演奏があります。
「Old Time Cooking」のホームページへ

斎藤さん夫妻 メンバーの中心である斉藤さん。
 奥様とは、かつて「CHICKEN PIE」というデュオで
 一世を風靡していました。

斉藤さんのバンジョーMike Remsey's Banjo Bacon
斎藤さんのバンジョー
 バージニアのオープンバックバンジョービルダー、マイク・ラムゼイ氏によるバンジョーです。これは1930年代に有名であった「BACON & BAY BANJO COMPANY」のBACONバンジョーの復刻モデルです。
 ヘッドストックにはドラゴンのデザインがインレイされ、これはかつてバンジョーが装飾品としての傾向があったことの名残りです。5フレットには星が流れる様子がインレイされ、まさに“流れ星のお竜”といった感じです。トーンリングはベイコンスタイルトーンリングを忠実に再現しているところなど、マイク・ラムゼイ氏の頑固なポリシーがうかがえます。
 もうひとつ最大の特徴は、ハイポジションに施されたフレイリングスクープというところです。この部分で演奏するクロウハンマーの音色は、温かみのある独特のトーンを生み出してくれるのです。あのトム・アッシュレイやドグ・ボッブスのような音です。ノーノットテイルピースやファイバースキンヘッドも雰囲気ばっちりです。