稲葉君 

僕のマンドリン

マンドリンを持つ稲葉君 マンドリン
ギルクリスト Steve Gilchristのモデル5(製造ナンバー182、製造年は1987年)
 現在メインで使っています。マイクコンプトンが使用しているということで人気があったようですが、当時はそれほど情報もなく、カリフォルニアのマルチプレーヤーでもあるサンディーロスマンから、ロイドロアーに近いサウンドを持っているものが多いと聞き、彼に探してもらいました。ところがなかなか出物がなく、ナッシュビルのグルーンギターの在庫にユーズドで1台あることを知り、写真やコメントのやり取りで1988年夏に購入しました。
 フィンガーボードは当時のグリスマンの影響と思われるアーチドタイプで、サウンドホールもFではなくSホールです。音質はウッディーでローポジッションからハイまで均等な音量があり、高音域が非常に綺麗に出ます。多少のトラブルはありますが、トータルで良いマンドリンだと思います。
「Steve Gilchristの音楽工房」のページへ

ギブソンF-4

Gibson F-4 (シリアルナンバー26300、製造年1914年9月14日)
 1976年頃に東京の楽器ビルダーでもある岩本さんから、宝塚フェスの最中に購入しました。元々ロンサムパインフィドラーズのポールウィリアムスがサニーマウンテンボーイズでも使用していたことや、ビルモンローがインスト「BigMon」でF-4を録音に使用していたとのことで気に入っていました。オリジナルに近い状態で、低音域のサステインが非常に気に入っており、例えば「DustyMiller」をこれで弾くと低音が強調されて迫力が出ます。今ではあまり弾かなくなっていますが、たまにフェスでは低音を強調したい曲に使用しています。

最近買ったギター

Martin D-18
GoldenEraシリーズは1934年頃のモデル。
これは復刻版で、トップはアディロンダック・スプルースを使用しており、ネックがワイドネックになっています。D-18特有の重低音のボリュームと合わせて繊細なトーンを持っており、フィンガーピッキングなどにも向きそうです。



音楽一家



父・悦郎とのジャムセッション




弟・和裕とマンドリン・デュエット
(稲葉和裕のHPはこちら

全国のマンドリンプレーヤーの皆さんへ
 グリスマンの「Tone Poem Series」「Bluegrass Mandolin Extravaganza」等でオールドマンドリンを使った、時代を感じさせるプロジェクトやビッグアーティスト達による個性ある作品も多く、我々もマンドリンを愛する者として機会があればマンドリンジャムセッションをやってみたいと思います。全国のマンドリンプレーヤーの皆さん、情報交換でもあれば是非、ホームページ宛に連絡下さい。お待ちしています。